東京ハイツブログ

千葉県に住む双子(男3.5歳)の母。仕事はweb経理庶務雑務。思いついたことをたまに書きます。

子どもがお風呂に入りたがらないときの秘策

75%の確率で「(お風呂に)入らない」という子どもたち

子どもたちも2歳をすぎると、
いやだ、いらない、入らない
という、なんとか三原則のような言葉を発します。

子どもたちは身長80cm、体重11kgくらいなので、
強制的に抱き上げて、
泣こうがわめこうがお風呂に連れて行くこともできますが、
自分の良心がチクチク痛むので、
なるべく本人の意思でお風呂に連れて行きたいものです。

特に双子の場合、1人が「(お風呂に)入らない」というと、「(ぼくも)入らない」となりがちです。

1人が「(お風呂に)入らない」という確率を50%とすると、

{1-(1/2×1/2)}=0.75

75%の確率で、「(お風呂に)入らない」という結論になります。

これを続けると、4日に1回しかお風呂に入れない(お風呂は1日1回として)。

これは困った。

遊んでいたらいつのまにかお風呂作戦

というわけで、いろいろ試行錯誤して、
2歳1ヶ月現在、うまくいっている作戦。
遊んでいるつもりで、いつの間にかお風呂に行ってしまおう。

最近のブーム。
子どもはなぜか後ろ向きに歩くのがおもしろいらしい。

なので、それを利用して、
「バックオーライ バックオーライ」
と言いながら、2人をお風呂場へ。

お風呂場の入り口まで行ってしまえば、
オムツを脱ぎたくなるらしい。
で、お風呂に入る。

やったぜぃ〜〜〜〜!!!!


言ってしまえば「そんなことか」と思いますが、
これを発見したときは、自分をほめてあげたくて、もう天にも昇る気持ちになりました。
いままでお風呂に行くまでに10分くらいかかっていましたので、
いわゆるライフハックにランクイン並みの時短術です。

いやはや、めでたしめでたし。